Flowmon Probe(プローブ)

    Flowmon プローブ
    Flowmon Probeを使用した場合、ネットワーク機器みずからがフロー情報を生成しなくても良いため、ネットワーク機器にかかる負荷が少なくて済みます。 また、既存のネットワーク機器が、NetFlow などのフローデータを生成できない場合においても、フロー情報を生成できる高価なネットワーク機器に買い換えることなく、NetFlowなどのフロー情報の取得が可能になります。

    Flowmon Probeの特長

    100Mbps~100Gbpsまでの高速回線に対応

    Flowmon Probeは、100Mbps~100Gbpsまでの高速回線に対応しており、小規模オフィスから
    企業LAN、および大規模回線を有するISPのデータセンタまで、あらゆる規模のネットワークに
    適用可能です。

    ミニコレクタ機能を内蔵

    Flowmon Probeにはミニコレクタ機能が内蔵されています。 分析機能は専用コレクタとまったく同じのため、Flowmon Collectorなしでも、Flowmon Probe機1台から、気軽にフロー解析が始められます。 Flowmon Probeは、これまでのNetFlowなどのフローベースのネットワークトラフィック監視における弱点を克服し、低コストで、安定稼働する、独立した NetFlow 生成装置として、たいへんコストパフォーマンスに優れたソリューションを提供いたします。

    分析データの長期保存や冗長性を重視する場合は、RAID構成の専用コレクタのご使用を推奨いたします。

    このような課題の解決に

    お悩み

    Office365やリモート会議関連などのトラフィックを分類化して分析したい・・・

    Flowmonなら

    一般的にNetFlowの情報ではIPアドレスの情報が主となるため、SaaSをご利用の場合、グローバルIPで調査をすることは困難ですが、Flowmon ProbeでNetFlowを生成することで、HTTPヘッダーの中身の分析が可能となるため、HTTPホスト名をベースに、Office365やリモート会議ツールのトラフィック状況を可視化できます。 また、同じ理由で、プロキシサーバをご利用の環境においても、トラフィックの状況をより具体的に可視化が可能となります。その他、ProbeはFlow生成を行う際、NPM(ネットワークパフォーマンスモニタリング)の情報をFlow化する為、ネットワーク遅延や再送回数の可視化が可能です。

    Flowmon Probe モデル一覧

    物理アプライアンス(標準モデル)

    モデル名 処理性能/ポート モニタリングインタフェース 規格
    Flowmon Probe 1000 1.48 Mp/s 1x 10/100/1000 MbE 1U
    Flowmon Probe 2000 1.48 Mp/s 2x 10/100/1000 MbE 1U
    Flowmon Probe 4000 1.48 Mp/s 4x 10/100/1000 MbE 1U
    Flowmon Probe 10000 SFP+ 1.5 Mp/s 1x 10 GbE 1U
    Flowmon Probe 20000 SFP+ 1.5 Mp/s 2x 10 GbE 1U
    Flowmon Probe 40000 SFP+ 1.5 Mp/s 4x 10 GbE 1U

    物理アプライアンス(PROモデル)

    モデル名 処理性能/ポート モニタリングインタフェース 規格
    Flowmon Probe 4000 Pro 1.48 Mp/s 4x 10/100/1000 MbE 1U
    Flowmon Probe 20000 Pro SFP+ 14.8 Mp/s 2x 10 GbE 1U
    Flowmon Probe 40000 Pro SFP+ 14.8 Mp/s 4x 10 GbE 1U
    Flowmon Probe 200000 Pro QSFP28 100.0 Mp/s *1 2x 40x 100 GbE 1U

    *1:Flowmon Probe 200000 Pro QSFP28は、2×100Gまたは2×40Gモードで動作します。
    また、処理性能は、IPトラフィックまたはMPLS(最大2レイヤー)、VLAN、QinQでカプセル化されたIPトラフィックに対して
    有効です。
    他のカプセル化されたプロトコルが使用されている場合、処理性能はカプセル化されたプロトコルとネットワークトラフィックの
    組み合わせに基づいて異なる場合があります。

    ※「PROモデル」は、FPGAを利用してハードウェア的に高速化されたモデルです。
    ※「Flowmon Probe」は、自身で計測した(外部ソース由来でない)NetFlowデータを収集・解析・可視化するビルトインコレクタ
    「Flowmonモニタリングセンター(FMC)」を含みます。
    ※Flowmon Probe上のビルトインコレクタ「Flowmonモニタリングセンター(FMC)」の利用においては、フローデータの生成と解析を
    同一筺体内で同時に行うため、監視対象トラフィック規模などによっては、解析機能に影響が生じる可能性があります。
    Flowmon Collectorの性能を最大限利用するためには、フロー解析専用アプライアンスであるFlowmon Collectorをご利用ください。
    ※全てのモデルは、10/100/1000 Ethernetの管理ポートを一つ備えています。
    ※「処理性能/ポート」における「p/s」表記は「パケット/秒」です。

    仮想アプライアンス(VMware版/Hyper-V版)

    モデル名 処理性能/ポート モニタリング
    インタフェース
    最小構成
    Flowmon Probe
    1000 VA
    最大 0.3 Mp/s 1x 1 GbE 2 CPU cores, 4GB RAM, min.25GB HDD
    Flowmon Probe
    2000 VA
    最大 0.3 Mp/s 2x 1 GbE 2 CPU cores, 4GB RAM, min.25GB HDD
    Flowmon Probe
    4000 VA
    最大 0.3 Mp/s 4x 1 GbE 2 CPU cores, 4GB RAM, min.25GB HDD
    Flowmon Probe
    6000 VA
    最大 0.3 Mp/s 6x 1 GbE 2 CPU cores, 4GB RAM, min.25GB HDD
    Flowmon Probe
    10000 VA
    最大 0.7 Mp/s 1x 10 GbE 4 CPU cores, 8GB RAM, min.25GB HDD
    Flowmon Probe
    20000 VA
    最大 0.7 Mp/s 2x 10 GbE 4 CPU cores, 8GB RAM, min.25GB HDD

    ※対応するVMwareのバージョンは、VMware ESXi 5.5またはそれ以上です。
    ※対応するHyper-Vのバージョンは、Microsoft Hyper-V 2012 R2またはそれ以上です。
    ※仮想アプライアンスには、ビルトインアプリケーション「Flowmonモニタリングセンター(FMC)」を含みません。
    ※解析を行う場合、Flowmon Collectorもしくは同等の機能を持った機器で収集、解析を行ってください。

    価格について

    Flowmon Probeの価格は個別お見積となります。 パートナーもしくは、弊社担当営業までお問い合わせください。

    関連ページ

    ■プレスリリース
    100G環境下でのネットワーク監視とセキュリティ課題に対応するFlowmon社とGarland社製パケットブローカーの連携ソリューションを国内販売開始

     

    Flowmon Probeに関する お問い合わせはこちらからどうぞ

     
    • お見積依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ
    • 03-6205-6082
    • 平日AM9:00~17:30(土日、祝祭日、年末年始、および弊社が定める定休日を除く)