Progress社技術担当役員へのインタビュー

2022年3月4日



Flowmon Networksは、昨年Kempによる買収の後、Progressの一部となり、FlowmonそしてKempのCTOであったPavel Minarik氏が、Progressのエンタープライズ・アプリケーション・エクスペリエンス製品の技術担当役員に任命されました。 オリゾンシステムズでは今後も日本の総代理店として、お客様にFlowmon製品をお届けして行く方針から、Flowmon製品の展望についてPavel Minarik氏にお話を伺いました。

Pavel Minarik氏(Linkedinプロフィール)は、もともとFlowmon製品のセキュリティモジュールであるADS(Anomaly Detection System)の設計者であり、最初の開発者でしたが、現在ではFlowmon製品も含めたProgressのアプリケーション・エクスペリエンス製品ポートフォリオのテクノロジーの方向性を見定めてゆく要職にあります。 また同氏の専門は、ネットワーク技術で、チェコ名門のマサリク大学にて博士課程を修了されています。

インタビュー

オリゾンシステムズ:
これまでのそしてこれからのあなたのFlowmon製品との関わりについて教えてください。
Pavel Minarik氏:

私は、Flowmon製品のセキュリティモジュールであるADSを開発したAdvaICTの社長兼CTOでした。 2012年にAdvaICTはFlowmonに買収され、私自身がFlowmonのCTO就任しました。 それ以来、技術的な観点からFlowmon製品ポートフォリオ全体の方向性を決める立場にあります。 2020年のKempによる買収の後は、私はKemp LoadMasterにもその責任範囲を広げることとなりました。

Progress社においては、Flowmon製品およびLoadMaster製品は、Enterprise Application Experience Groupという製品グループに属しており、私はその全体の方向性について責任を持つこととなっています。具体的には大学やグローバル協業パートナーとの共同研究を通し、長期的ロードマップを策定して行くこととなります。

Pavel Minarik氏

Pavel Minarik氏

オリゾンシステムズ:
Progress社の製品ポートフォリオに含まれることとなったFlowmon製品ですが、そのFlowmon社の技術リーダーが新たにProgress社においても VP of Technology に任命されたことの意味について教えてください。
Pavel Minarik氏:

ひとつはFlowmonとKempのチーム全体の貢献に対する認識と、そのチーム全体に対する感謝が形となったものと思います。私個人としては、アプリケーション・エクスペリエンス領域で可能な、最先端のテクノロジーを提供し続けるというコミットメントを表しています。 また、FlowmonとLoadMasterの製品の設計とアーキテクチャ、開発自体、テスト、リリースなどの開発プロセスの品質の高さを証明したと言っても良いでしょう。 そして今後ともProgressブランドの下で、さらにその開発プロセスの改善が進められて行くこととなります。

40年の歴史を持つ信頼できるソフトウェア会社であるProgressが、Kempを買収することを選んだことを嬉しく思っています。 この “人・製品・業界の専門知識への投資” により、ProgressがFlowmonの開発を継続し、お客様に製品の新しい付加価値を早々にご確認いただけると確信しています。


オリゾンシステムズ:
日本のお客様・パートナー様の中には、Progress社に買収されたことで、同様なフロー解析機能も持つWhatsUp Gold製品にFlowmon製品は取り込まれるのではないか、Flowmon製品としての存続には問題はないのか、と心配されてる声もありますが、その点については教えてください。
Pavel Minarik氏:

その点は全く懸念されるに及びません。 WhatsUp Goldは、アクティブセンサー、SNMPまたはWMIインターフェイスを利用してインフラストラクチャ・コンポーネントから情報をポーリングする、典型的なITインフラストラクチャ監視製品です。 WhatsUpGoldは、市場の期待に沿ったエントリーレベルのフローデータ取り込みおよびトラフィック監視機能も提供します。 一方Flowmonは、詳細なネットワークトラフィック分析、パフォーマンスモニタリング、トラブルシューティング、および根本原因分析に必要なNPMDおよびNDRスペースの製品機能を提供します。 つまりFlowmonは、WhatsUpGoldが対応した地点より、更なる分析を進めるソリューションと言えます。その観点から、WhatsUpGold製品とFlowmon製品は補完的なソリューションと考えると良いでしょう。


Pavel Minarik氏

Pavel Minarik氏
オリゾンシステムズ:
今回のProgress社のFlowmon製品を持つKemp社の買収に際して、Progress社はどのようにKemp社の価値を評価しているのでしょうか?
Pavel Minarik氏:

Kempは、Kempのアプリケーション・エクスペリエンスのビジョンに適合するものとして、Flowmon製品のNetSecOpsをソリューションポートフォリオに追加しました。 Progressは、Kempのアプリケーション・エクスペリエンス戦略を基盤として、より広範なProgress製品ポートフォリオに関してこの戦略を適用して、すべてのProgressのお客様に対しお届けする予定です。 その観点から、Flowmon製品は、Progressのアプリケーション・エクスペリエンス製品ポートフォリオの重要な部分として引き続き位置付けられます。


オリゾンシステムズ:
Progress社ではさまざまな製品が既に提供されていますが、それらとのインテグレーションの可能性について聞かせてください。
Pavel Minarik氏:

最初の統合は、次のWhatUpGoldリリースで間もなく行われます。 WhatsUp Goldでは、FlowmonおよびLoadMaster製品から送られる情報を監視コンソールで統合し、またダッシュボードとレポートでネットワーク環境全体の可視性を強化します。 中長期的には、多角的な視点からそれぞれの製品のよりシームレスな統合を検討してゆく予定です。 またアプリケーション・エクスペリエンスではクリティカルな要素となるセキュリティーの視点でも、Flowmon ADSが重要な役割を果たしてゆくこととなるでしょう。


オリゾンシステムズ:
Flowmon製品のProgress製品群での位置付けについて教えてください。
Pavel Minarik氏:

Flowmon製品は、LoadMaster製品やWhatsUp Gold製品と共に、Enterprise Application Experience Groupというソリューション・カテゴリーをProgress社内で形成しています。 Flowmon製品は、LoadMasterおよびWhatsUp Gold製品とともに、お客様のアプリケーション環境をサポートするための主要なソリューションとして位置付けられています。

ソリューションカテゴリー

ソリューションカテゴリー
また製品としては、これまでのNPMDおよびNDR分野でのリーダーシップを維持強化する、戦略的製品として引き続きFlowmon製品は機能強化されてゆくこととなります。


オリゾンシステムズ:
日本のお客様に対してメッセージをお願いします。
Pavel Minarik氏:

これまで約10年に渡り、日本では大変多くのお客様のご信頼をいただいてきたと自負しております。 日本のお客様の品質に対するご要望は非常に高く、製品のみならず、それを支える体制面でも多くの改革を行ってまいりました。ここまで日本のお客さまのご要望にお応えできる製品として成長できたことも、これまで叱咤激励いただいたお客様そしてパートナー様のご支援あってのことと理解しております。またそれを支えていただいたオリゾンシステムズにも、あらためて感謝申し上げたいと思っております。製品改善・プロセス改善には、終わりがなく、今後もProgress社の新体制のもと、引き続き尽力してまいります。

終わりに

今回はリモートによるインタビューとなりましたが、Pavel Minarik氏からは「渡航制限など状況が改善されましたら、以前のように日本のお客様・パートナー様に直接お会いし、ご意見・ご要望を伺う機会を持てることを楽しみにしております」との締めくくりでした。オリゾンシステムズでは引き続きFlowmon製品の日本総代理店として、Progress社と密な連携をとり、Flowmon製品を日本のお客様にお届けしてまいります。

関連情報

ブログ記事: Meet Pavel Minarik, VP of Technology at Progress
ブログ記事: Kemp & Flowmon Join the Culture of Innovation at Progress
ブログ記事: Progress + Kemp: The Benefits of Application Experience for your High-Impact Applications

Flowmon製品に関する
お問い合わせはこちらからどうぞ

  • お見積依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ
  • 03-6205-6082
  • 平日AM9:00~17:30(土日、祝祭日、年末年始、および弊社が定める定休日を除く)