Meet Flowmon Packet Investigator
(新たなFlowmon製品オプションのご紹介)

2020年10月9日



「本ページは、Flowmonの開発・販売元である Flowmon Networks社のブログを和訳したものです。
正式なFlowmon Networks社のブログ(英語)はこちらからご確認ください。


パケットキャプチャとFlow分析がひとつの製品でご利用可能になりました。
Flow情報だけでは把握できない、より詳細な解析ニーズに対応します。
このたび、Flowmon製品に新たに加わったFlowmon Packet Investigator (FPI)をご紹介いたします。

自動化によって作業の負担を軽減

FPIはTraffic Recorderをさらに発展させた後継製品であり、Traffic Recorderのすべての機能に加え、自動化されたパケット分析機能が追加されています。つまり、緊急の問題の原因を追及するためのフローデータが不十分な場合であっても、このFPIがイベントに関連したすべてのパケットをキャプチャし、パケットを分析して、説明とともに修復のための提案を提示します。



この製品の特長は「自動化」です。非常に精度の高い詳細情報が提供されることに加えて、こうした情報の解釈も実施されます。この製品はネットワークトラフィックの自動化された監査ツールです。組み込みの高度なナレッジが用意されており、以下のような問題の解決を強力に支援します。

  • ネットワーク接続関連の問題が発生した場合(ファイアウォールによる通信のブロック、宛先へ到達できない、TCPエラーなど)
  • 重要なネットワークサービスにおける不具合や設定の誤り(ARP、DNS、DHCP)
  • クライアント/サーバ間の暗号化における非互換性(SSL/TLSのバージョン、暗号化アルゴリズム、証明書など)
  • アプリケーションのプロトコルスタックの問題(HTTP、SAMBA、FTP、IMAP、POPなど)

高度な分析

FPIは、Flowmon ADSによって、または手動設定あるいはスケジュール設定されたキャプチャによって、またはサードパーティアプライアンスのREST API呼び出しによってイベントが検出された際にキャプチャされたPCAPファイルを処理します。ユーザは、独自のファイルをアップロードすることもできます。
FPIは、ディシジョンツリー分析を実施して、各プロトコル、プロトコルの組み合わせ、および依存関係について、RFC仕様との差異を検出することによって、問題の根本原因を把握します。検出されたプロトコルの特定の状態、障害、またはエラーコードは大規模なデータベースに照らして比較され、分かりやすいメッセージに変換します。このメッセージには、推奨事項や対応の指針なども含まれます。



FPIには、Traffic Recorderから継承されたローリングバッファも含まれています。本機能により、すでに開始されている通信に対しても遡ってパケットをキャプチャすることができます。

分析結果を即時に利用

このFPIは単なるパケット記録および分析のツールではありません。これはフローデータの包括的なモニタリングツールであり、ネットワークに関する詳細な分析結果を提供します。そのためにユーザが特別な作業を実施する必要はありません。



Flowmon Packet Investigatorの機能についてさらに詳細な情報が必要な場合は、当社までご連絡ください。



Flowmon製品に関する
お問い合わせはこちらからどうぞ

  • お見積依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ
  • 03-6205-6083
  • 平日AM9:00~17:30(土日、祝祭日、年末年始、および弊社が定める定休日を除く)