安全なテレワーク基盤
~オフィスと同等な安全性とパフォーマンスを担保したネットワーク環境を維持するためには~

2020年03月23日



昨今の新型コロナウィルスによるパンデミック等により、現在私たちは急激な社会変化への対応を迫られています。中でも業務リスクへの回避策として、多くの企業で以下の施策が検討・採用されています。
  • 国内外の出張制限
  • お客様との対面会議などの自粛
  • テレワークの奨励

しかしながらこれらの施策によるIT基盤の受ける影響については、十分に検討する余地もないまま実施せざるを得ないのも現状です。例えば、
  • ネットワーク経由のビデオ・電話会議の増加
  • インターネット接続の大幅な増加
  • VPN接続の増加
は、どの程度、どのような影響があるのでしょうか。

標準的なITリソースへのアクセスシナリオとテレワークを主としたアクセスシナリオの変化

これまで業務用ネットワークは、整備された社内ネットワーク環境内での、社内端末からの社内リソースへのアクセスと、専用線接続によるデータセンターの利用を元に構築されておりました。

ところが、お客様との対面会議などの自粛やテレワークの推奨施策により、VPNによる外部からの社内アクセスが急激に増加し、インターネットへの通信の集中によるゲートウエイのボトルネック化が発生しています。

ボトルネック化するゲートウエイ

ボトルネック化するゲートウエイ


このネットワークの変化に現在のITインフラは対応可能なのでしょうか? この急激な通信量の増加にどのように対応すればよいのか、そもそもセキュリティーは大丈夫なのでしょうか?
そのほかにも、
  • クラウドベースのVPN接続サービスをこれから検討する?
  • 新たなインターネット接続口を設計導入する?
  • テレワークによるパフォーマンス劣化にはどのように対応するか?
  • 端末のアンチウィルスだけでテレワーク環境の安全性は十分か?
などなど、課題は次から次へ湧いてきます。

Flowmonによるネットワーク監視のススメ

Flowmonでは、アップリンクのネットワーク使用率、VPN通信の利用率統計値、ネットワークのパフォーマンス値(ネットワーク遅延、再送、ジッター)、音声・ビデオデータの統計値、等々ネットワークのあらゆる情報を可視化し、数回のクリックでレスポンス悪化の原因解析やセキュリティーリスクの高い端末の洗い出し、アプリケーションのパフォーマンス比較などを判断し、お客様のネットワーク環境の向上に役立てることができます。

Flowmonの解析画面

Flowmonの解析画面


Flowmonはその操作性のみならず、導入も数回のステップで行うことができます。 例えばお客様がご利用のネットワーク機器がNetFlowを生成可能であれば、Flowmonコレクタをネットワークに接続するだけで導入でき、すぐに可視化・解析を行うことができます。

また、NetFlowを生成できない場合でも、FlowmonプローブをスイッチにミラーポートやTAP経由で接続してNetFlowを生成し、FlowmonコレクタでNetFlowを収集・可視化・解析を行うことができます。

Flowmonの導入構成

Flowmonの導入構成


Flowmonは、問題判別と証跡の確保やIT基盤要件の将来予測と計画、クラウド利用時のパフォーマンス監視などを行う「ユーザー基点のパフォーマンス監視」、インフラの設計と展開、インシデント監視と調査、対応、ポリシーの評価と適用といった「運用監視・セキュリティー要件への統合的対応」、さらには未知の攻撃検知、暗号化通信の解析、内部驚異の検知、ネットワーク振る舞い検知という「セキュリティー監視」の3つのシチュエーションでその有効性を発揮します。

今後さらに多様化・複雑化するネットワークの変化にも対応できるようにするために、ネットワークの可視化の重要性がさらに高まってきています。

Flowmon



次のコラムでは、実際にFlowmonの開発元であるFlowmon Networks社がどのようにこの業務変革に伴うIT基盤を整備したのかをご案内いたします。
Flowmonコラム 「テレワーク全社展開、準備は出来ていますか?

関連ページ

■製品紹介
Flowmon コレクタ
Flowmon ADS(プラグイン/オプション)

Flowmon製品に関する
お問い合わせはこちらからどうぞ

  • お見積依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ
  • 03-6205-6083
  • 平日AM9:00~17:30(土日、祝祭日、年末年始、および弊社が定める定休日を除く)